シミ対策ってある?消す方法はある?シミの原因と改善方法とは?

シミの原因って何?

 

肌の色が黒い人もいれば白い人もいる。その決め手となるのがメラニン細胞です。

 

 

真皮のすぐ上の胚芽細胞の中に紛れて存在しています。日光に当たると活性化して、皮膚の色を黒くします。

 

 

長く日光に当たるとこのメラニン細胞が傷ついて「シミ爆弾」となります。
このシミ爆弾は、何年か後にメラニン色素を作り出し、肌表面にシミとしてあらわれます。

 

 

シミにも種類があるって本当?

 

シミの種類は大きく分けて、老人性色素斑・肝斑・そばかすの3種類。

 

1.老人性色素斑

 

一般的によく見られるシミ。紫外線や加齢が原因。
目の下・ほお・こめかみ・手の甲にできるのが特徴。

 

2.肝斑

 

妊娠中や更年期など、ホルモンの強い影響を受けたのが原因。紫外線で悪化する。
目の下からこめかみにかけて薄茶色のシミが左右対称にできるのが特徴。

 

3.そばかす

 

遺伝的要因が強く紫外線で濃くなる。
顔や腕、手の甲、背中に小さいシミができるのが特徴。

 

 

できてしまったシミを完全に消すことってできるの?

 

できてしまったシミを消すには、ピンポイントならレーザー治療全体のトーンアップには光照射といった皮膚科での治療が必要になります。

 

特にレーザー治療は濃いシミほど有効なので、施術を受けてみるのも一案です。
ただ、肝斑のレーザー治療はより悪化してしまう可能性があるので、おすすめできません。

 

 

完全に消せなくてもいい。でも薄くしたい!どうすればいいの?

 

ターンオーバーのサイクルを早めたり、マッサージなどで新陳代謝を高めたりすることで、メラニン色素を追い出すことができるので、気長にケアを続けていけば、薄くなるのは期待できます。

 

また、プラセンタ原液を肌に塗るのもおすすめです。
プラセンタ原液は、肌にしっかり浸透するように、
化粧水前に使用することが大切です。

 

シミには、内臓やホルモンの異常からくるものもあるので、体の中からキレイにすることも必要。
サプリメントなども取り入れるのもいいですね。  

写真:スノーヴァ化粧品のプラセンタ原液

 

 

よく聞くハイドロキノン。高い美白効果があるって本当?シミにも効く?

 

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも呼ばれ、メラニン色素の合成を阻止します。つまりシミ爆弾のスイッチをオフにします。シミを薄くする効果もあります。

 

皮膚科で処方されるものは、高い効果は期待できますが、市販で販売されているものは、短期間での効果が実感しづらいので、長期戦で行きましょう。

 

→他にもある!美白成分の種類はこちらから

 

あなたに合う洗顔料をさがしてみよう♪




あなたが使用している基礎化粧品は大丈夫?

「洗顔は美肌の基本。でも、もしかしたら、基礎化粧品も見直す必要があるかも…。」

という方のみ、参考にしてみてくださいね♪

肌質別トライアルセットランキングはこちら

肌の悩み別トライアルセットランキングはこちら